名刺作成のマナー

名刺を作成する特には、独創的な名刺を作りたいと思われる方も多いと思いますが、名刺にもマナーがあり、それを極端に逸脱するような名刺になりますと、ビジネス名刺としてはあまり好まれたものではありません。特に業種によっては、その名刺だけで人間性を否定されるような事がありますので慎重に作成したい所です。特にレイアウトなどはある程度、基本に沿ったもので作成しないと、相手にとっては失礼にあたるケースもありますので注意してください。

名刺のデザインを製作する場合には、最初に全体的なレイアウトを確認しておく必要があります。特に左揃え、中央揃え、右揃えを最初に決めておくと、その後のデザインが簡単になります。左揃えの名刺は、最もポピュラーなレイアウトですのでお客さんを選びません。中央揃えの名刺は、安定して堅実な印象を相手に与える事ができます。右揃えの名刺は、非常にレアですので美容室であったり、建築家さんなどデザイン的な要素のある方でしたらかなりオシャレでクリエイティブな印象を与える事が出来ます。相手の方に自分をどのようなイメージで見てもらいたいのかという事を頭に入れてレイアウトを決めるのはとても重要いなります。レイアウトだけでも印象がガラリと変わります。


名刺作成のポイント

名刺作成のポイントとして最初に確認しておいて欲しいのが、名刺を作成する目的とコンセプトを明確にすると言う事になります。印刷業者さんに名刺作成を依頼するにあたって、目的とコンセプトを明確にしておくと言う事は、これから依頼する印刷業者さんにどのような名刺を作って欲しいのかというイメージを伝えるだけでなく、作成した名刺を渡す取引先の方に、自分が何をしているどのような人間なのかを伝えるために重要になってきます。

ビジネス名刺の場合には、個人名刺のように自分をいかに目立たせて演出するのかというよりは、名刺を渡した相手とこれから先、一緒に仕事をしたいという目的の為に作成しますので、そのような目的を達成するというコンセプトが重要になってくるのです。自分の業種によっては、あまりオシャレでなくても誠実なイメージが強い名刺の方がメリットが大きい場合もあります。自分よりもビジネスという点を重要視し、自分をどう見せたいというのではなく、相手にとってどのように見えたらメリットが大きいのかを確認するようにしてください。最初のコンセプトが間違ってしまっていると、その後、よいデザインにしても良い用紙を使ったとしても、目指している効果を得る事はできません。


ビジネス名刺を作る時

名刺を作る場合には、作りたい名刺デザインを決定させ、次は印刷の工程に入ります。家電量販店やインターネット上でも最初から名刺用に加工されている用紙が売られていますし、リーズナブルな価格でも高性能な複合機を購入する事ができます。その為、自宅で名刺を作成する方も増えて来ております。もちろん自宅でオリジナルの名刺をデザインして印刷するのも楽しいのですが、パソコンで用紙の大きさやインクなどの設定をおこなったり、名刺用の無料ソフトをダウンロードしたりなど、慣れていない方だと意外に時間がかかってしまいます。また、大量の名刺を作成するような場合には、用紙の代金はもちろんですが、インクなども購入しておかなければいけません。そのような手間であったり、出来上がりを考えたらやはり印刷はプロの印刷業者に任せた方が良いとも言えます。

特にプライベート用ではなく、仕事で使用する物でしたら、しっかりとした物を作成する必要があります。印刷が薄かったり、かすれているような物は論外ですが、用紙が安っぽいような物もあまり褒められた物ではありません。特に初めて取引をするような方の場合には、しっかりとしたものを作成した方が良いと思います。そこでこちらのページでは、印刷業者さんにビジネス名刺を作ってもらう際に気を付けておいて欲しい、名刺作成のポイントや名刺の作成とマナーなど、初めてビジネス名刺を作成する方に覚えておいて欲しい事をまとめてみましたので、ぜひ参考になさってください。